地盤を調べる|液状化対策で家を守る|後悔しないように土台から固める

液状化対策で家を守る|後悔しないように土台から固める

地盤を調べる

ヘルメット

地質調査の基本は、対象となる地盤の地層や土の性質を調べることです。これらによって、地質にある見えないものがデータとして表れることになり、土地の有効活用ができるかどうかを調べることができるようになるわけです。この地盤を調べるということは、ただ土壌汚染や環境保護の観点だけで行われるのではなく、安全な土地の利用が実現できるかどうかにも関わってきます。ですから、開発を行う企業や団体にとって必要不可欠な情報になるでしょう。

地盤面がしっかりしていない中で開発や建物の建設を行った場合、その後に利用をしていく上で将来的に地盤沈下や地表の陥没などが起こってしまう可能性があります。これでは安全性に問題が生じてきますから、無視することのできない問題ですよね。さらに、日本は地震大国としても知られていますから、あらゆるところに断層が見られます。この断層が大きな地震が起きた時の影響に表れてくることになりますから、安全性を考慮して土地の有効活用を考えていかないといけないでしょう。地盤を調べることによって、私達の見えることのないリスクと安全に備える対策を検討することができます。ですから、開発行為を行う際には適切な地質調査を受けることが求められるのです。

ボーリングというのは、長い鉄製の棒を地中に入れて地層をみる為に行われる調査。地層というのは段階的に積み重なっているものですから、その構造を知ることが必要であるからボーリングが使われます。また、その土地の地質を詳細に調べる為にサンプルを採取してからその成分をデータ化するのがサンプリング調査になります。