深刻な問題|液状化対策で家を守る|後悔しないように土台から固める

液状化対策で家を守る|後悔しないように土台から固める

深刻な問題

工事現場

地質調査を行って調べることになる土壌汚染や環境保護の観点は、非常に深刻な問題が含まれていることから注目されています。なかなか身近に感じることのできないことかもしれませんが、地質環境の悪化というのは私達の日常生活に問題が起こります。こうした問題は、日本を含めて世界でも大きな課題として挙げられるものなのです。

深刻な問題となっている地質環境の悪化には、工場排水や化学物質などの汚染物質によって起こります。汚染物質が人体の健康に悪い影響を与えるということは、容易に分かることですよね。地質に基準以上の汚染物質が含まれることにより、それは地下水へと染み込んで生活用水に拡散されます。それから私達が日常的に使われる水になりますから、少なからず影響を受けることになります。汚染物質が拡散することによって、公害病やぜんそくと言われる病気が人体に現れてくる可能性が高まり、安全な暮らしを脅かします。それに伴って地球環境の破壊も進行しますから、自然界におけるサイクルも崩れてくるでしょう。これらの影響は計り知れないぐらいの被害になることも考えられますから、問題を放置せずに現状を知る為に地質調査をすることが必要なのです。

土地ごとに含まれる地質の粘土質、そして底に含まれる水分量を調べる試験がありますが、これらを調べることによって、土地の液状化への懸念材料になるかどうかを知ることができます。さらに土地の強度がどれぐらいあるかを調べて、土地に建物を建てる際の耐性がどこまであるかを知ることも可能です。