液状化対策で家を守る|後悔しないように土台から固める

地盤を調べる

ヘルメット

地質調査では地盤や地層を調べ、建物を安全に建てられるか調べるものです。もし、この調査を怠ってしまうと地盤沈下などが発生してしまう恐れがあるので注意するようにしましょう。

詳しくはこちら

深刻な問題

工事現場

深刻な問題となりつつある地質問題は工場排水などが原因で起こってしまいます。地球環境にダメージを与えてしまうだけでなく、人間にも悪影響を与えてしまうので地質調査をしっかり行いましょう。

詳しくはこちら

専門家に相談

メンズ

専門家に地質調査を依頼するときには、費用面や調査期間などをしっかりと聞いておきましょう。事前に確認しておかないと後々トラブルになることがあるので、相談するようにしましょう。

詳しくはこちら

影響について

工事

皆さんは土壌汚染が私たちの生活に、具体的にどのような影響を及ぼすのかご存じでしょうか。ここでは、土壌汚染の原因とそれがもたらす影響について解説していきます。ひとことで言えば、土地が有害物質に汚染されることを土壌汚染と呼びます。工場などで使用中の有害物質が排出漏れし地下水に流れ汚染したり、有害物質が土の中に埋められて雨などにより周りの土に溶け出したり、このようなことが主な原因となります。

日本では、1860年の足尾銅山鉱毒事件、1960年代に神奈川流域でのカドミウム汚染(イタイイタイ病)などを受けて、1970年に公害対策基本法が制定されました。その後、水質汚濁防止法、大気汚染法がつづけて制定されました。つまり、この法が制定されるまでは、環境汚染について何の規定もなかったわけです。2002年の5月には、土壌汚染対策法が制定されました。これは、土壌汚染の状況を把握し、人へ健康被害の防止、対策、措置など目的としています。いわば、国民の健康を守るための法律です。

土壌にある有機物質は、一旦排出されれば水や空気と違いどこにもいきません。10年たとうと20年たとうと、その土地から消えることはないです。便利で豊かな暮らしは、さまざまなものを与えてくれます。しかし、そのために払っている代償は、あまりにも大きいのではないでしょうか。この地球という星に命があるということ自体、途方も無い奇跡なのです。そこで生きる私たちには、地球を守る義務があります。環境保護は、いますぐに取り組むべき重要なことです。私たちの未来は、いまなにをするかによって大きく変わっていくのです。最近では地質調査や土壌汚染調査、液状化対策などを個人で業者に頼んで調べてもらうこともできます。家を建設する際には特に液状化対策をしていることで、地震対策とすることもできるのです。自主的な対策で、環境を少しでも安全なものに整えることが可能なのです。